読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

i'm Lily

百合のような女性に贈る

【おうち充】小説はあなたを磨いてくれる魔法の本だった

おうち充をしよう①

 

おうち充=毎日を充実させること

外に出て幸せを求めることも大切だけれども

家に帰ってきて充実した時間を送ることが

一番効率的じゃないかしら!

ということで、おうち充を推進します!

 

第一弾は本を読もう 小説編です!

f:id:yama-uw8:20170424130702j:plain

 

《小説を読む理由》

本を読むこそ、女子力を磨く!

女子力?なんで?と思いますよね

私は女子力は丁寧に感情を表せることだと思うんです!

 

女子力は一般的に男性にモテたいと思って身に付けます

男性は論理的に考える生き物です!

それに対して女性は感情的な生き物!

もともと相反するんですよね。

 

だからといって、論理的に物事を考えられる女性を

目指すことはありません!

感情的こそが女性らしく、魅力だからです!

 

だからといって、感情をそのまま表してしまうのは

なんだか不器用で素敵には思えないですよね...

 

だったら、素敵に感情を表しましょう!

 

その練習として、小説を読むことが役に立つのです!

f:id:yama-uw8:20170424131533j:plain

 

では、どうやって感情の表し方を磨くのでしょう!

 

1.物語に浸ってみる

現実を忘れて、本の世界に浸ってみましょう!

現実ではないので、自分がどのような感情を抱いても自由です!

2.自分に置き換えて考える

私ならこうしたのに...

自分事に置き換えて考えてみましょう

新しい結果を想像することができるかもしれません!

3.違う考えを受け入れる

小説を読んでいるうちに

受け入れられない考え方に出会うかもしれません

でも、それが小説の世界でよかった!

現実ではないからヤケになることはありません。

その代わり、柔軟な人になる練習だと思って

受け入れてみましょう!

現実世界を利用せずに

自分を成長させるためのチャンスです!

 

 

どうでしょう。

これまで、小説を読むことを

単なる現実逃避だと思っていた人にとっては

大きな発見になったのではないでしょうか!

 

そして、これまで小説を楽しんでいた人も

このような自分を成長させるという意味があることを

再確認してもらえたなら幸いです!

 

BY リリ